頑張った証の妊娠線は予防すれば消せる|ママになっても美しく

皮膚が裂けない工夫をする

大きいお腹

クリームで皮膚を守る

妊娠すると母体は劇的な変化を遂げます。女性ホルモンの影響により、つわりや眠気・だるさなどが妊娠初期に起こる代表的な症状です。そしてお腹が大きくなる妊娠中期から臨月までの間に、妊娠線と呼ばれる皮膚の疾患に悩まされる妊婦が増えてきます。妊娠線とは、胎児の成長により妊娠中期頃からお腹が大きくなることで、皮膚が伸ばされ、皮膚の真皮が避けてしまうことでできてしまう皮膚の断裂です。個人差があり、まったくできない人もいますが、ほとんどの場合お腹の中央、みぞおちからおへその下にかけてまっすぐ一本できる人もいれば、お腹全体にひびわれのように妊娠線ができる人もいます。お腹に多い症状ですが、中にはお尻や太もも・胸にできることもあります。

一度できると跡になる

一度できてしまうと、妊娠線は元に戻らないため、裂けた皮膚の跡が残りやすくなります。このため、妊娠中から予防することで、妊娠線をできにくくしたり、できても数を少なくしたり跡に残らない薄い線にすることが可能になります。皮膚が裂けてしまうのは、急激な体重増加やお腹の皮膚の乾燥などが原因です。予防とは、まず母体の体重管理を行うことです。つわりが終わると妊婦は食欲が増し、体重が一気に増えてしまうことがあります。これにより皮膚が急に伸ばされて裂けてしまうのです。裂けることを予防するためには、ゆっくりと体重を増やすことです。また、お腹や太ももなど、体を保湿することで妊娠線予防につながります。妊娠線予防クリームなどを使用し、ケアすることが大切です。

初心者でも簡単にできる

目元

まつエクはサロンでつけてもらうのが一般的ですが、自分でつけることによって、サロンに行くよりもお得な値段でつけられます。またセルフでつけるのが初めてで不安な場合には、写真つきやDVDによる解説がある初心者キットを利用する手もあります。

もっと見る

より良い見た目のために

まつ毛

まつげエクステをキレイに仕上げるためには、グルーが重要です。良いグルーを選ぶためには、乾きやすさや安全性、効果の持続性に注目しましょう。安全性などの項目においては、口コミなどの評判を参考にする手もあります。

もっと見る

メイクの時間が短縮する

目を閉じる女性

マツエクをする事で、スッピンでもまつ毛に長さやボリューム、カール感が出るので、ビューラーやマスカラなどでメイクをする必要が無くなります。少しでもメイク時間を短縮したいという方に、おすすめの美容法です。施術を受けるサロンは、清潔かどうかを必ずチェックしましょう。

もっと見る

このエントリーをはてなブックマークに追加